それぞれの照明器具の特徴

この記事をシェアする

埋め込むタイプの照明

ほとんどの照明は、本体が見えます。
しかしそれを邪魔だと思ったり、部屋の雰囲気に合わないことに悩んだりしている人が見られます。
そこでおすすめなのはシーリングライトで、こちらは天井や壁に埋め込んで使えることが大きな特徴です。
室内で過ごしていても、照明本体が見えません。

部屋の雰囲気を邪魔せず明るく照らせますし、本体がない分スッキリして見えます。
大きな照明があると圧迫感を感じてしまい、部屋が狭く見えるかもしれません。
それが悩みだった人は、シーリングライトで改善しましょう。
ただシーリングライトは、通常の照明に比べて照らせる範囲が狭いです。
そのためシーリングライトが1つだけでは、暗く感じる恐れがあります。

ペンダントライトについて

天井から吊り下げるタイプの照明を、ペンダントライトといいます。
こちらはシーリングライトとは逆で、照明そのものの存在感を演出できます。
おしゃれなデザインのペンダントライトを購入して、部屋のメインにしましょう。
気軽にペンダントライトの位置を変えたい場合は、ダクトレールを購入してください。
すると自分が過ごす場所に合わせてペンダントライトを移動でき、常に明るさを維持できる面がメリットです。

ペンダントライトも照らせる範囲が狭いと言われますが、自分の場所に合わせて位置を変えれば、そこまで気になりません。
またペンダントライトが目立つように、他の家具を小さくしたり、いらない家具を片付けたりするのがいい方法です。